ツンデレ速報

面白ニュース、ネタニュース、芸能ニュース等のまとめサイトです。

    2018年03月




    1 ばーど ★ :2018/03/01(木) 08:34:51.94

    「日給8000円・通勤手当なし」総務省サイバーセキュリティ課の求人に衝撃走る

    高度な専門的知識が必要な人材募集なのに「安過ぎるのでは?」

    安藤健二

    総務省のサイバーセキュリティ課の求人の待遇が「安すぎる」と、ネット上で指摘する声が相次いでいる。

    ■採用の条件と待遇は?

    この求人はサイバーセキュリティに関する施策で、人材育成や研究開発など高度な専門的知識を必要する非常勤の事務職員を募集するというもので、2月27日に総務省の公式サイトに掲載された。

    雇用期間は、2018年4月1日(または採用の日)から2019年3月31日までで、求める人材について以下のような条件を掲げている。

    1.情報通信ネットワークの構築・運用に関する専門的知識、実務経験を有すること。
    2.情報通信技術の動向に関する情報収集・分析に必要な知識、経験を有すること。
    3.サイバーセキュリティに関する情報収集・分析に必要な知識、経験を有すること。
    4.パソコン操作(EXCEL、WORD等による資料作成)ができること。
    最後のパソコン操作の条件こそ一般的だが、それ以外は確かに相当な知識や経験のある人材を必要としているように見える。

    注目が集まったのは、その賃金と手当。

    土日休日を除く週5日間の東京・霞ヶ関での勤務。勤務時間は午前10時から午後4時45分まで。日給は8000円。通勤手当は支払われない。

    ■年収だと200万円未満に...

    時給換算だと1391円だが、勤務時間が短いため月給は約16万円、年収は約194万円程度となる見込みだ。

    「高度な専門的知識を必要する」とうたっているだけに、ネット上では「さすがに安過ぎるのでは?」「提示する金額は、少なくとも一桁は違う」と給料の安さに驚く声が続出した。

    また、「食っていけなくて情報流通の代わりにサイバーセキュリティ課の情報流出が...」「これを錦の御旗にして、うちも安い報酬で募集しよという企業が増える」などと懸念する声も出ている。

    ハフポスト日本版は、総務省サイバーセキュリティ課に問い合わせたところ、「エンジニアではなく、政策立案業務を主に担当する事務職員の募集です。『安すぎる』という反響があるのは承知していますが、日給は予算の制約の中で決めました。今後の検討課題にしたい」とのコメントだった。

    http://m.huffingtonpost.jp/2018/02/28/soumushou-cyber8000_a_23372873/

    ★1: 2018/02/28(水) 18:35:44.03

    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519822461/


    【【経済】「日給8000円・通勤手当なし」「NWの運用・構築の実務経験を有すること」総務省サイバーセキュリティ課の求人に衝撃走る←なめてんな】の続きを読む




    1 イレイザー ★ :2018/03/01(木) 07:57:46.55

     白菜やキャベツ、レタスの1月の輸入数量が、過去最高となったことが28日までに東京税関のまとめで分かった。昨秋以降の長雨や台風の影響で国内出荷量が大幅に減少。価格が高騰しており、不足分を補うため輸入が増加した。

     1月の白菜の輸入量は前年同月比で7.8倍の約2213トンと、2017年の年間輸入量(約2562トン)の8割超に達した。キャベツは5.8倍の約1万3606トン。いずれも中国産が大半を占めている。レタスは2倍の約4888トンで、台湾からの輸入が最も多かった。

     農林水産省によると、キャベツなど葉物野菜は傷みやすく輸送コストもかさむため、スーパーなどで販売されている商品は国産が主流だ。輸入品は野菜を大量に使用する加工食品や外食といった業務用の不足を補っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000109-jij-bus_all

    関連スレ
    【野菜価格】 平年よりキャベツ2.5倍・白菜2.5倍・大根2.1倍の高値 来月いっぱい高値の見通し
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519803246/


    【【経済】白菜、キャベツの輸入急増=価格高騰で過去最高 いずれも中国産が大半 高すぎ】の続きを読む




    1 豆次郎 ★ :2018/03/01(木) 03:26:56.01

    3/1(木) 3:21配信
     昨年1月に沖縄の米軍基地反対運動について伝えた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の「ニュース女子」に批判が出ていた問題で、MXが番組の放送を今春に終えることを決めた。事実上、放送を打ち切ることになる。関係者が朝日新聞の取材に明らかにした。

     ニュース女子は、化粧品大手ディーエイチシーのグループ会社「DHCテレビジョン」が取材・制作し、MXが完成版の納品を受けて放送している。問題になった昨年1月2日の放送回については、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が昨年12月、MXが番組内容を適正にチェックせず、中核となった事実についても裏付けがないとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表していた。

     関係者によると、批判を受け、MXは自ら番組の制作に関与したいと申し入れて交渉していたが、DHC側から断られたという。このため、今春の番組改編に合わせて番組の放送をやめることを決めた。

     ディーエイチシーは、MXにとって最大級の取引先。2016年度の有価証券報告書によると、売上高の11・5%を占める。関係者によると、平日午後に放送しているディーエイチシー関連の美容番組も放送を終える可能性があるという。(田玉恵美)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000003-asahi-soci


    【【批判】沖縄の米軍基地反対運動について伝えた「ニュース女子」打ち切りへ MXと制作会社に隔たり なんで?】の続きを読む

    このページのトップヘ