ツンデレ速報

面白ニュース、ネタニュース、芸能ニュース等のまとめサイトです。

    2018年03月




    1 たんぽぽ ★ :2018/03/23(金) 20:52:15.08

    https://this.kiji.is/349865748237812833

     大阪府高槻市の住宅街で2015年6月、ランニングをしていた40代の男性会社員が走ってきたミニチュアダックスフントを避けて転倒する事故があり、飼い主の女性側に約4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は23日、リードから手を離した過失を認め、約1280万円の支払いを命じた。

     女性側は「故意にリードを離したわけでなく、男性にも周囲を確認する義務があった」と主張したが、塩原学裁判官は判決理由で「散歩の際は動物をつなぎとめるという基本的な注意義務を違反した過失は重い」と指摘。男性には右手首に障害が残り、治療費や収入への影響を考慮し、損害額を算定した。


    【【大阪】犬を避けて転倒、賠償金1千万円 リード離し過失、大阪地裁判決 猫も】の続きを読む




    1 かばほ~るφ ★ :2018/03/23(金) 19:50:33.67

    96歳女性おぼれ死亡 特別養護老人ホーム 50代女性介護職員2人を書類送検 福岡県
    2018/03/23 18:10

    2016年、福岡県糸島市の特別養護老人ホームで、
    入浴中だった高齢の女性がおぼれ死亡した事故があり、介護職員2人が書類送検されました。

    業務上過失致*疑いで書類送検されたのは、
    糸島市にある特別養護老人ホームの介護士の50代の女性職員2人です。

    警察によりますと、2人は2016年10月、要介護5の当時96歳の女性を入浴させていた際、
    目を離し、おぼれて死亡させた疑いがもたれています。

    職員の1人は別の介護者の入浴を介助をしていて、もう1人は脱衣所で作業していました。

    施設のマニュアルでは、要介護者1人に対し2人以上の職員が対応することになっていました。

    調べに対し2人は容疑を認めていて、職員の書類送検を受けて施設は
    「再発防止に向けて全職員で取り組んでいる」とコメントしています。

    テレビ西日本
    http://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2018032301563


    【【福岡】入浴中だった96歳女性がおぼれ死亡 50代女性介護職員2人を業務上過失致死の疑いで書類送検…糸島市の特別養護老人ホーム んむむ】の続きを読む




    1 動物園φ ★ :2018/03/23(金) 19:38:25.91

    毎日新聞映像グループがライブ配信中
    https://www.facebook.com/mainichimovie/videos/1969735643276170/

    ※20時にキャンドルライトを点灯予定


    【【話題】官邸前でろうそくデモ開始 ←何それ】の続きを読む




    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/03/23(金) 03:39:13.555

    分からんものは分からんと答える


    【YesかNoで答えるから俺の想像してるもの当ててみろ!! 男?】の続きを読む




    1 ひろし ★ :2018/03/22(木) 23:22:45.42

    2018/3/22 19:58
    https://this.kiji.is/349507630869333089?c=39550187727945729

     安倍政権が放送制度改革で、テレビ、ラジオ番組の政治的公平などを求めた放送法の条文撤廃に加え、放送局に義務付けた番組基準など、NHK以外の放送関連の規制をほぼ全廃する方針であることが22日、分かった。

     放送という制度を事実上なくし、インターネット通信の規制と一本化して、ネット動画配信サービスなどと民放テレビ局を同列に扱い、新規参入を促す構えだ。しかし偏った番組などが氾濫する恐れがあり、民放の反発も予想される。

     政府文書によると、放送局に番組基準の策定や番組審議会の設置を義務付けたり、教養、報道、娯楽など番組ジャンルの調和を求めたりしている規定を撤廃する。

    ★1:2018/03/22(木) 21:07:49.60
    前スレ
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1521720469/


    【安倍政権、放送の規制を全廃方針 ネット通信と一本化…偏った番組などが氾濫する恐れがあり、民放の反発も予想されるいまいちよくわからない】の続きを読む




    1 名無しさん@おーぷん :2018/03/11(日)15:33:55 ID:6gz

    「BCNランキング」日次集計データによると、2018年3月7日、ブルーレイレコーダーの販売台数シェア、
    1位はパナソニックで48.8%、2位はソニーで18.8%、3位はシャープで18.6%だった。

    *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの
    実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

    https://www.bcnretail.com/research/detail/20180309_54404.html


    【ブルーレイレコーダーの販売台数シェア 1位はパナソニック うん】の続きを読む




    1 膳摩漏 ★ :2018/03/20(火) 00:23:22.54

    女子テニス世界ランク44位の大坂なおみが『BNPパリバ・オープン』でツアー初優勝を飾った。これは日本の女子選手で初めて4大大会に次ぐ大会を制する快挙だ。

    大変な快挙に違いないが、優勝翌日の情報番組ではスポーツコーナーで部分的に触れられただけだった。

    「大坂は東京五輪で活躍が見込まれているので、多くのメディアに露出したこともあり、視聴者もある程度認識しているでしょう。
    でも、例えば陸上のケンブリッジ飛鳥やプロ野球のオコエ瑠偉などと比べると、いまいち人気がありません。今回の優勝でまた知名度が高まるのは間違いありませんが…」(スポーツ紙記者)

    なぜ、大坂は話題になりづらいのだろうか。

    「やはり日本人のハーフとはいえ、ほとんど日本語が話せないということが影響しているでしょう。優勝のインタビューのとき、国内の大会だと日本語に挑戦していますが、要所を話すときは英語です。
    親近感が湧かないのかもしれません」(同・記者)

    大坂には日本人の度量の狭さを理解してもらうしかなさそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/46566

    2018/03/19(月) 22:57:19.85
    https://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1521467839/


    【【テニス】大坂なおみ快挙も「盛り上がりに欠ける」狭量な理由日本語がカタコトらしい】の続きを読む


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/03/21(水) 02:01:59.390

    どうしてこうなったの


    【国立理系大学院卒なんだが四月から無職wwww ←入学してからずっとあそんでたんでしょ】の続きを読む


    1 ひぃぃ ★ :2018/03/20(火) 22:33:44.68

    ■同じ車種のエンジン車との価格差はガソリン代ではペイできない

     同じモデルで、ガソリンエンジンとハイブリッド・パワートレインが設定されているとき、「ハイブリッド車を選べば価格差をガソリン代でペイできる」と考えてクルマを選ぶのは意味がない、という指摘がある。車両の価格差を鑑みれば、燃料代でその差を埋めるには、かなりの距離を走る必要があるのは事実で、「ハイブリッドカーがオトクというのは大きな勘違いだ」と指摘すること自体は間違ってはいない。今どきガソリンエンジン車の燃費も優秀で、年間5000km程度の走行であれば、燃料代で大きな差は生まれづらい。

     しかし、クルマの損得に関わる要素は燃料代だけではないし、そもそもハイブリッドとガソリンエンジンのパフォーマンスは異なるケースが少なくない。

     たとえば、ホンダ・フィットでいえば、量販グレードのガソリンエンジンは1.3リッターで、ハイブリッドは1.5リッター+モーターとなっている。1.3リッターエンジンの最高出力は100馬力、対してハイブリッドのシステム最高出力は137馬力。つまり、ハイブリッド・グレードは走りの余裕も実現している上に、燃費性能も優れているのであって、単なる燃費スペシャルではないのだ。

     これはガソリンエンジンに例えれば、1.3リッターと1.6リッターの違いともいえるほどパフォーマンスは異なる。仮に、エンジン車でこれだけ排気量が異なるのであれば、車両の価格差は当然であるし、それをもって「損だ、得だ」と指摘することはナンセンスといえる。

     さらにいえば、同じようなコンディションであればハイブリッドのほうが買取価格は高めの傾向にある。残価設定ローンなどで比べてみてもわかるが、5年後の残価を考えると新車価格におけるハイブリッドの価格差は結果的にオトクに感じることになるだろう。新車購入時などの減税でもメリットがあり、しかもパフォーマンスに余裕があり、燃費にも優れ、さらに買取時の値落ちも少ないのが、ハイブリッドカーである。購入から手放すときまでを考えると、ハイブリッドカーを選ぶのは合理的なのだ。

     また、長く大事に乗ったときにもハイブリッドのメリットは出てくる。平成31年3月31日まで適用される、現時点での「自動車税のグリーン化特例」のルール下では、13年超のガソリン車はおおむね15%の増税(いわゆる旧車増税)となってしまうが、ガソリンハイブリッドカーは重課の適用外となっている。こんなところにもハイブリッドカーのメリットはあったりするのだ。

    2018年3月20日 11時40分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14458925/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【知識】ハイブリッド車はガソリン代が安いからお得という大いなる勘違い いろんな要素あるからね】の続きを読む

    このページのトップヘ