ツンデレ速報

面白ニュース、ネタニュース、芸能ニュース等のまとめサイトです。

    ニュース




    1 ニライカナイφ ★ :2018/03/03(土) 23:36:55.00

    ◆「コンビニ離れ」が始まった!便利で安いネット通販に流れる消費者

    右肩上がりの成長を続けてきたコンビニ業界は、昨年(2017年)は売り上げが減少に転じるなど「成長の限界」がささやかれ、危機感を強めている。
    コンビニ業界を分析している東レ経営研究所チーフアナリストの永井知美さんは「コンビニが乱立して、立地のいいところはすべて出尽くした感があります。しかも人手不足が追い打ちをかけている」と言う。

    全国の店舗数は5万7000店超となり、コンビニ同士の客の奪い合いで飽和状態ともいわれる。
    ドラッグストアや生鮮食品、弁当を売る店も増え、競争も厳しくなった。

    加えて、ネット通販の影響で消費者の「コンビニ離れ」が進んでいるという。
    かつては毎日のようにコンビニで買い物をしていた男性は、いまは会社で飲むペットボトルのお茶もネットでまとめ買いしているという。
    コンビニより値段が安く、雑誌もネットで購入している。

    ■「ローソン」店内調理のできたて商品で対抗

    こうした動きに対応するため、業界3位のローソンは手づくりサンドイッチなど、「店内でひと手間かけた、できたての商品」に力を入れはじめた。
    もともと店内調理の商品は人気が高いが、ネックは人手がかかることだった。
    そこで、一部のレジを無人化して浮いた人手を調理に回し、できたて商品を増やしている。

    北海道が拠点のセイコーマートは過疎地に目を向けている。
    昨年、スーパーなどが撤退した過疎地域に3店舗を出店した。

    採算を取るのはむずかしいが、24時間営業にせず夜8時で閉店したり、客のニーズに応えて商品を増やすなどのきめ細かいサービスで、1人あたりの購入金額を上げている。
    地元町長は「ある程度税金を投入してでも出店をお願いしたい」と歓迎しており、自治体からの補助を得て、利益をあげるモデルを探っている。

    セコマの丸谷智保社長は「地域というものを深く掘り下げていくと、さまざまなニーズが出てくる。
    大きな利益は望めないかもしれないが、必要とされる限りにおいては、地域とともに存続が可能なのではないか」
    「しっかりと地域を固め、根ざしていくことが、大手の参入を許さない、あるいは伍して戦えることにつながる」と語った。

    *NHKクローズアップ現代+(2018年2月27日放送「コンビニ"飽和"時代!?激化するサービス競争」)

    J-CAST 2018/3/2 10:58
    https://www.j-cast.com/tv/2018/03/02322588.html

    ■前スレ(1が立った日時:2018/03/03(土) 21:14:26.48)
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1520079266/


    【【経済】消費者の「コンビニ離れ」が始まった 便利で安いネット通販やドラッグストアに客が流れる ←わかる】の続きを読む




    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2018/03/03(土) 23:38:13.97

    リニア工事のような高度な技術を必要とする工事で談合が問われたケースはまれだ。立証に向けたハードルも高いとみられていただけに、スーパーゼネコンの幹部2人が逮捕される事態に業界に衝撃が走った。

     「これが談合といわれるなら、もうリニアには手を出しづらくなる。大成と鹿島が徹底抗戦したくなる気持ちは分かる」。リニア工事を受注した準大手のゼネコン関係者は、戸惑いを隠せない様子で語る。
    別のゼネコン関係者は「JR東海は積算や設計をゼネコンに手伝わせていた。工法の研究対象が重ならないよう情報交換をしてもいけないのか」と嘆いた。

     「うちはあの工区、一生懸命やっていますよ。そちらはどうですか」「うちは手がいっぱいですよ」-。鹿島建設の幹部によれば、大手4社の営業担当者は月に1回、東京都内の会合で顔を合わせた際、こうした情報を交換していた。

     不正な受注調整を否定しながら、幹部が逮捕された大成は「約3カ月にわたり任意で応じているにもかかわらず逮捕され、到底承服いたしかねる」と怒りをあらわにした。大成の関係者は「公判でも徹底的に戦う」と検察との対決姿勢を鮮明にしている。

     一方、検察幹部の一人は立件の意義をこう強調した。「9兆円の国家事業でなれ合いをしていたことが信じられない。こんなことをしていたら社会が腐り、日本企業の競争力が損なわれてしまう」


    産経ニュース 2018.3.2 22:34
    http://www.sankei.com/affairs/news/180302/afr1803020066-n1.html

    ★1が立った時間 
    2018/03/03(土) 08:44:36.79

    前スレ
    【リニア談合】ゼネコンに衝撃「これが談合ならリニアできない」★6
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1520076260/


    【【リニア談合】ゼネコンに衝撃「これが談合ならリニアできない」え!?】の続きを読む




    1 復讐の鬼 ★ :2018/03/04(日) 01:16:15.53

    クレーマー問題は様々な場所で働く人を疲弊させている。近ごろ目立つのは、高齢者のクレーマーだ。

    日曜午後の昼下がり。子連れの家族客で賑わう駅前ビルのファミリーレストランで、老人客ら数人が店員に詰め寄っていた。

    「うるさい子供をなんとかしなさい」「近頃の親の教育はどうなっているんだ」「不快な思いをさせておいて料金まで支払うのか」

    同様の「現場の苦悩」は、別取材で話を聞いた格安アパレル店の店員からも聞かれた。

    「サイズがない、いい色がないなど、ほとんど難癖に近いクレームが、特に中高年の女性から寄せられます。
    近隣店にしか在庫がないと告げると『今すぐ取ってこい』などと仰られて……。若者向けの商品ばかりで大人向けのものがない、
    などとも言われたことも。それなら『そういう店に行ってください』というのが本音ですが、当然言えるわけもなく」

    東京都内の若者向け複合ビルに入る100円均一ショップ店長も、中高年客への対応に頭を悩ます。

    100円のシュークリームパックを購入された高齢女性客が『量が少ない』と開封したものを返品に来られました。
    一般のお客様であれば、間違って買っても『100均だし』と、ほとんどの方は返品には来られない。間違って買ったものならまだしも、
    数も見える商品でしたし、そもそも開封されていますし……」(100円ショップ店長)

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    クレーマーには若者や、小さい子ども連れの大人もいる。彼らはクレームをつけることによって商品をタダで手に入れようとか、
    特別サービスをしてもらおうという下心をのぞかせることが多い。ところが中高年層クレーマーの多くに共通するのは、
    自分がクレームをつけることそのものが相手のためになる、ひいては世の中のためになる正義であると信じていることだ。

    端から見ると「自分が不快だから」「自分が気に食わないから」といった、極めて身勝手な論理を振りかざしているようにしかみえない。
    ところが、ぶつかってきた子どもの親と店員をしつこく責めるのは、子どものしつけを十分にできない親と世間に言い聞かせているつもりなのだ。
    量販店で色やサイズ展開に注文をつけるのも、その店のサービス向上に貢献してあげていると考えている。
    そして、サービス業とは費用対効果を度外視したサービスをすべきだという、右肩上がりの経済成長を続けていた時代の働き方を今も信じている。

     時代は変わった。値段に対応したサービス提供にとどめなければ、どんな産業も長続きしないと世の中は理解しつつある。ところが、
    その変化についてゆけない彼らは、自分たちが満足するサービスの「お返し」をしない、自分の孫のような世代の店員たちに対して苛立ち、
    二言目には「こっちは客だ」「最近の若い者」「ゆとり世代」とくる。

     人口ボーナス期に働き、常に最大多数側の世代であった彼らは、個人差はあるものの、他の世代の言い分をきく習慣がない人が多い。
    そして若者の側も、異世代間交流をあまりしてこなかった時代に育っているため、彼らの暴言を「年寄りのたわごと」と受け流す、
    よい意味でのいい加減さを持てずにいる。

     見ず知らずの客に、理不尽にも罵詈雑言を浴びせられるなどとは夢にも思わなかった若者たちは、接客業に嫌気がさしたり、
    絶望し業界を去っていくこともある。こうして一部の傍若無人な中高年のせいで、「老人嫌い」「中年嫌い」の若者が産み出されていくことは、
    若者にぜひとも頑張ってもらわないと国が沈む、という我が国の現実の中で決して見過ごせない問題であることはいうまでもない。

     日本の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は27.3%、日本人の4人に1人以上が高齢者だ。
    我が国は特に、世界に先駆け「超高齢化社会」をいち早く迎え「高齢者が社会の中心」という、前例のない生活スタイルを受け入れなければならない。
    少なくとも最近までは、お年寄りは「大切にすべき」であり「敬うことが当たり前」の存在であった。過去を創ってきた人々であり、
    お年寄りからは多くの事を学んだのだ。しかし現在はどうか。人生100年とも言われる新時代の到来を前に、
    新たな老人観と、対処の仕方を考える時代になったのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00000015-pseven-soci&p=3
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00000015-pseven-soci&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180303-00000015-pseven-soci&p=1


    【【社会】増える高齢者クレーマー 悩むサービス業の若者たち 大変ですね】の続きを読む




    1 ひろし ★ :2018/03/03(土) 01:07:21.67

     斎藤健農林水産相は2日の閣議後会見で、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子「LS北見」のメンバーが試合中の休息時間「もぐもぐタイム」で食べて注目された韓国のイチゴについて、「以前に日本から流出した品種を基に、韓国で交配されたものが主だ」と指摘した。その上で、日本の品種保護を強化していく方針を示した。

     斎藤氏は「海外でも知的財産権を取得し、仮に流出が発見された場合は、栽培や販売の差し止め請求などを行うことが重要だ」と強調。海外での知的財産権の取得を支援するため、「今年度の補正予算や、新年度の予算案で対策費を計上している」と説明した。

     また、「日本の農林水産大臣としては、カーリング女子の選手には、日本のおいしいイチゴをぜひ食べていただきたい」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000567-san-bus_all


    【【経済】カー娘“もぐもぐタイム”注目の韓国イチゴは「日本流出の品種」農水相が指摘 農水省が口出す話なの?】の続きを読む




    1 豆次郎 ★ :2018/03/02(金) 23:38:58.24

    キャリコネ2018年03月02日 18:05

    今年も大学生の就活が解禁になった。この時期になると毎年「学歴フィルター」が話題に上がるが、今年も早速、「満席だった説明会が、大学名を変えたら空席になった」というツイートが注目を集めている。

    帝京大学に通うある学生は、就活ナビサイトから説明会の予約をしようとしたが満席と表示された。しかし、大学名を早稲田大学に変更したら全部空席だったという。「Fラン大学の仲間のみんな~!強く生きていこうな~!」とツイートしている。

    数年前も、大学名を「日東駒専」で登録したら説明会が満席だったが、東京大学にしたらどこも空席だった、というツイートが話題になったことがあった。理不尽に感じる学生もいるかも知れないが、学歴フィルターはどういった経緯で設定されているのか。新卒就活サイトの元運営者に内部事情を取材した。

    下位校にも良い人材いるとわかりつつ「手が回らない。学歴で切らざるを得ない」


    学歴フィルターは古くから存在している。郵便での資料請求が就活の第一歩だった1990年代以前でも、「企業は大学名でふるいにかけて、対象校の人にだけダイレクトメールを打っていた」と言う。

    これが就活サイトの登場で変わっていく。誰でも自由に応募できるようになり、企業には、それまでにない数の応募が来るようになった。採用数が数百、数千人のところに数万単位のエントリーが来ると、採用側は、エントリー開始から次の選考段階までに数万人を落とさなければならない。結局は、手間を省くために水面下でフィルタリングが行われていたと言う。

    「ある大手メーカーは『学歴不問』を大々的に謳ったため、多くの募集が殺到しました。しかし実際には採用支援会社が応募者を選別していたため、選考には上位校しか残っていませんでした」

    今年のスケジュールでは、面接解禁は6月1日。しかし「大手企業は6月1日に内定を出したい」のが本音だと言う。採用担当者は3か月間で、書類選考も面接も終わらせなければならない。

    「下位校でもポテンシャルの高い人がいることは、企業も分かっています。しかし、大量の応募があると、そうした人を選びたくても手が回らない。短い期間で人を選ぶには、まずは学歴で切るしかないのが現実です」

    大手企業の主戦場は「リクルーター」採用 ナビ経由の説明会からのルートは数合わせ

    学閥の存在も、学歴フィルターがなくならない理由の1つだ。

    「後輩が同じ学校出身者だと、どうしても可愛がりたくなりますし、仕事も進めやすくなります。大手企業に限った話ではなく、地方でも銀行等では学閥は顕著です。出世にも影響します」

    そもそも、ツイッターで明らかになった学歴フィルターは氷山の一角でしかない。大手企業では採用活動の主な場を「リクルーター制度」に定めていて、ナビサイトで募集しているような説明会は「そこで足りないと困るから実施する」ものだという。いわば数合わせのようなものだ。

    「リクルーター制度は、採用対象校に良い人材がいないか社員が探しに行く制度で、金融業界を中心に大手企業で顕著です。ここでの採用実績が個人の業績になる企業もあります。リクルーター経由とそれ以外の人では、選考ルートが違うんです。とはいえ、説明会経由であっても、良い人材を採りたいことに変わりはありませんから、企業はここでも更に、学校ごとに人数の枠を設けています」

    採用対象校の受付人数を多めに設定し、それ以外には「その他枠」を作って対応するところ、対象校以外の応募は一切受け付けないところなど、設け方は様々だ。上位校でないと、枠が少なくて早々と「満席」表示になってしまったり、そもそも枠自体がない、というケースもある。

    学校によって、マイページの内容が違うこともある。上位校、採用対象校の人には、同社で活躍する先輩の紹介例が表示されるのに対し、それ以外の人には先輩紹介のコンテンツ自体ないといった具合だ。

    無事説明会に参加できても、書類選考や面接の段階で、出身高校が明暗を分けるケースもある。

    「大学全入時代になり入学者のレベルが下がったため、大企業の中には高校名を見ているところもあります。高校と大学のレベルに差がありすぎる場合は、懸念材料になるでしょうね。面接でライン上に並んだら、落とされると思います」


    https://a.excite.co.jp/News/society_g/20180302/Careerconnection_8064.html

    ★1がたった時間:2018/03/02(金) 19:21:53.06
    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519994439/


    【【就活ナビサイト】「学歴フィルター」の仕組 帝京大生「説明会予約で満席と表示。大学名を早稲田大学に変更したら全部空席だった」←普通じゃないの?】の続きを読む




    1 ニライカナイφ ★ :2018/03/01(木) 23:03:54.15

    ◆裁量労働制 削除に「残念」 財界から失望の声

    安倍晋三首相が、今国会に提出する働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大に関わる部分を削除する方針を表明したことについて、実現を求めていた日本商工会議所、経団連、経済同友会の財界3団体トップからは1日、失望や遺憾の声が相次いだ。
    日商の三村明夫会頭は1日の記者会見で「非常に残念だ。政府は(裁量労働制について)実態調査をきちんとやったうえで再度法案を提出すると理解しているので、できるだけ早く実現してほしい」と、安倍政権に注文をつけた。

    三村会頭は「働き方改革は日本の成長戦略の一丁目一番地。
    労働者が自分の生活パターンに合った働き方を求め、企業がいろんな働き方の選択肢を提供するものだ」とメリットを強調。

    労働側には「大企業が裁量労働制の拡大で賃金コストの圧縮を目指している」との批判もあるが、三村会頭は「企業が労働者をどんどん働かせるために導入することはないと思う。
    残業代をケチるために裁量労働制を考えている経営者はゼロとは言わないが、非常に少ないんじゃないか」と反論した。

    経団連の榊原定征会長は1日、「柔軟で多様な働き方の選択肢を広げる改正として期待していただけに残念に思う。
    今後、新たな調査をしっかり行い、国民の信頼と理解が得られるよう全力を尽くしていただきたい」との談話を発表した。
    経済同友会の小林喜光代表幹事は「世界と比して低い生産性の向上が求められる中、今回の事態は極めて遺憾だ」などとするコメントを出した。

    毎日新聞 2018年3月1日 22時44分
    https://mainichi.jp/articles/20180302/k00/00m/020/113000c


    【【裁量労働制】 削除に「残念」 財界から失望の声 ←そりゃ残念でしょう】の続きを読む




    1 水星虫 ★ :2018/03/01(木) 22:42:37.84

    電車内で小学生殴った疑い男逮捕

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025666371.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    神戸市内を走行していた神戸電鉄の車内で、小学1年生の女の子の腹を殴ったとして
    40歳の男が暴行の疑いで逮捕されました。
    警察によりますと、
    「ランドセルにぶら下がっていた定期券入れが体に当たり、腹がたった」
    と供述しているということです。

    逮捕されたのは、神戸市北区の自称アルバイト、山田徹容疑者(40)です。
    警察によりますと、山田容疑者は、2月23日、神戸市北区にある神戸電鉄三田線の
    岡場駅から田尾寺駅の間を走行していた電車内で、小学1年生の女の子(7)の
    腹を殴ったとして暴行の疑いがもたれています。
    女の子に、けがはありませんでした。

    女の子は学校から帰宅する途中で、母親から通報を受けた警察が、駅の防犯カメラの映像などを調べた結果、
    関わった疑いがあることがわかったということです。

    警察によりますと、調べに対し、
    「座席に座っていたら前を通り過ぎた女の子のランドセルにぶら下がっていた
    定期券入れが体に当たり、腹がたった」
    と供述し、容疑を認めているということです。

    03/01 20:02


    【電車内で小1女児の腹殴る 40男を逮捕 「ランドセルにぶら下がっていた定期券入れが体に当たり腹がたった」 帰宅後女児母が通報・神戸 ←電車?車内の人は見て見ぬ振り?】の続きを読む




    1 ニライカナイφ ★ :2018/03/01(木) 23:50:39.99

    ◆【!?】池袋のラーメン店が従業員の暴行写真(?)をアップ、「関係を持つと同じ目に遭う」と恫喝も

    「客の前で店長がバイトを大声で怒鳴っているラーメン屋」を上回る不快さです。
    詳細は以下から。
    東池袋にあるラーメン店「塩そば専門店 桑ばら」のツイート(魚拓)によると、「超絶にクソ生意気」という理由で本日従業員を解雇したそうです。

    塩そば専門店 桑ばら:
    ”本日ただいまのお客様でスープ切れ終了となります。 ありがとうございました。
    彼は超絶にクソ生意気なので今日でクビにしました。 写メは昔ボコボコにした写メです。
    円満退社では無いので今後一切ウチの店とは関係ありません。
    今後、彼と関係を持つ者は写メのようになりますのであしからず。…”

    画像:
    (出典 buzzap.net)


    写真:

    「昔ボコボコにした写メです」として流血しているかのように見える従業員の写真もアップ(※編集部にてモザイクをかけました)。
    「今後、彼と関係を持つ者は写メのようになりますのであしからず」という恫喝まで行われています。
    嘘か本当か怪しい部分もありますが、何が悲しくてラーメン屋の公式ツイッターでこんなご飯が喉を通らなくなるような写真を見せつけられないといけないのでしょうか。

    バザップ 2018年2月28日22:47
    http://buzzap.jp/news/20180228-kuwabara_sio/

    ■前スレ(1が立った日時:2018/03/01(木) 22:11:59.30)
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519909919/

    ◆5ちゃんねる運営からのお願い◆
    個人情報を含む未確定情報の文章やコピペを貼らないようお願いします。


    【【ネット】池袋のラーメン店が従業員をボコボコにした暴行写真をアップ 「関係を持つと同じ目に遭う」と恫喝 (写真あり)警察はよ】の続きを読む




    1 ばーど ★ :2018/03/01(木) 08:34:51.94

    「日給8000円・通勤手当なし」総務省サイバーセキュリティ課の求人に衝撃走る

    高度な専門的知識が必要な人材募集なのに「安過ぎるのでは?」

    安藤健二

    総務省のサイバーセキュリティ課の求人の待遇が「安すぎる」と、ネット上で指摘する声が相次いでいる。

    ■採用の条件と待遇は?

    この求人はサイバーセキュリティに関する施策で、人材育成や研究開発など高度な専門的知識を必要する非常勤の事務職員を募集するというもので、2月27日に総務省の公式サイトに掲載された。

    雇用期間は、2018年4月1日(または採用の日)から2019年3月31日までで、求める人材について以下のような条件を掲げている。

    1.情報通信ネットワークの構築・運用に関する専門的知識、実務経験を有すること。
    2.情報通信技術の動向に関する情報収集・分析に必要な知識、経験を有すること。
    3.サイバーセキュリティに関する情報収集・分析に必要な知識、経験を有すること。
    4.パソコン操作(EXCEL、WORD等による資料作成)ができること。
    最後のパソコン操作の条件こそ一般的だが、それ以外は確かに相当な知識や経験のある人材を必要としているように見える。

    注目が集まったのは、その賃金と手当。

    土日休日を除く週5日間の東京・霞ヶ関での勤務。勤務時間は午前10時から午後4時45分まで。日給は8000円。通勤手当は支払われない。

    ■年収だと200万円未満に...

    時給換算だと1391円だが、勤務時間が短いため月給は約16万円、年収は約194万円程度となる見込みだ。

    「高度な専門的知識を必要する」とうたっているだけに、ネット上では「さすがに安過ぎるのでは?」「提示する金額は、少なくとも一桁は違う」と給料の安さに驚く声が続出した。

    また、「食っていけなくて情報流通の代わりにサイバーセキュリティ課の情報流出が...」「これを錦の御旗にして、うちも安い報酬で募集しよという企業が増える」などと懸念する声も出ている。

    ハフポスト日本版は、総務省サイバーセキュリティ課に問い合わせたところ、「エンジニアではなく、政策立案業務を主に担当する事務職員の募集です。『安すぎる』という反響があるのは承知していますが、日給は予算の制約の中で決めました。今後の検討課題にしたい」とのコメントだった。

    http://m.huffingtonpost.jp/2018/02/28/soumushou-cyber8000_a_23372873/

    ★1: 2018/02/28(水) 18:35:44.03

    ※前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519822461/


    【【経済】「日給8000円・通勤手当なし」「NWの運用・構築の実務経験を有すること」総務省サイバーセキュリティ課の求人に衝撃走る←なめてんな】の続きを読む




    1 イレイザー ★ :2018/03/01(木) 07:57:46.55

     白菜やキャベツ、レタスの1月の輸入数量が、過去最高となったことが28日までに東京税関のまとめで分かった。昨秋以降の長雨や台風の影響で国内出荷量が大幅に減少。価格が高騰しており、不足分を補うため輸入が増加した。

     1月の白菜の輸入量は前年同月比で7.8倍の約2213トンと、2017年の年間輸入量(約2562トン)の8割超に達した。キャベツは5.8倍の約1万3606トン。いずれも中国産が大半を占めている。レタスは2倍の約4888トンで、台湾からの輸入が最も多かった。

     農林水産省によると、キャベツなど葉物野菜は傷みやすく輸送コストもかさむため、スーパーなどで販売されている商品は国産が主流だ。輸入品は野菜を大量に使用する加工食品や外食といった業務用の不足を補っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000109-jij-bus_all

    関連スレ
    【野菜価格】 平年よりキャベツ2.5倍・白菜2.5倍・大根2.1倍の高値 来月いっぱい高値の見通し
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519803246/


    【【経済】白菜、キャベツの輸入急増=価格高騰で過去最高 いずれも中国産が大半 高すぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ