ツンデレ速報

面白ニュース、ネタニュース、芸能ニュース等のまとめサイトです。

    スポーツ



    1 豆次郎 ★ :2019/06/16(日) 01:08:53.89

    トゥーロン国際大会
    決勝
    2019/6/15(土)23:00
    スタッド ドヌール


    U-22ブラジル 1-1 U-22日本
    PK(5-4)

    【得点者】
    アントニー 前半19分
    小川 航基 前半39分

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019061528


    【【サッカー】U-22日本代表、トゥーロン国際大会初優勝ならず!! PK戦の末にブラジルに敗れる おしかった】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/06/14(金) 23:50:40.86

    6/14(金) 23:48配信
    なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!今大会初勝利で決勝T進出に大きく前進

     女子ワールドカップ・グループステージ2節の日本対スコットランドが14日、フランス・レンヌのロアゾン・パルクで行なわれ、2-1で日本が勝利した。初戦のアルゼンチン戦に0-0で引き分けていたなでしこジャパンは、今大会初勝利。グループステージ突破に向け、大きな勝点3を得た。
     
     日本は初戦のアルゼンチン戦からスタメン3人を変更し、CB市瀬菜奈、左MF遠藤純、FW岩渕真奈を初先発させた。すると23分、岩渕がこの起用に結果で応える。バイタルエリアで遠藤からのパスを受けると、素早く前を向いて右足を一閃。強烈なミドルシュートでスコットランドゴールを射抜いた。
     
     このゴールで勢い付いた日本は、菅澤優衣香が自ら獲得したPKを沈めて37分に追加点。完全に試合の主導権を握り、前半終盤にも決定的なチャンスを作ってハーフタイムを迎えた。

    お茶目でラブリーな「なでしこジャパン」の素顔が見えるFIFA公式ポートレートはこちら!

     メンバーチェンジなしで挑んだ後半は、丁寧にパスをつないでくるスコットランドにボールを持たれる時間帯もあったが、日本は組織的な守備で決定機を作らせない。攻撃に移れば左SBの鮫島彩のオーバーラップを絡めたサイドアタックをメインにチャンスをうかがい、69分にはその鮫島がミドルを放った。

     試合終盤はスピードとパワーを前面に押し出してきたスコットランドに苦しめられ、77分のCKでは、こぼれ球を拾われ、ポスト直撃のシュートを打たれる。そして88分、自陣での横パスがミスになり、スコットランドのクレランドにボールを奪われると、そのままミドルを打たれて1点差に詰め寄られた。しかし、そこから追加点は許さず。アディショナルタイムには追加点のチャンスも作りながら、2-1でしぶとく逃げ切った。
     
     2大会ぶりのW杯制覇を狙う日本は、この勝利で勝点を4に伸ばし、暫定ながらグループ首位に浮上。20日のグループステージ第3戦では、決勝トーナメント進出をかけてイングランドと対戦する。
     
    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00060050-sdigestw-socc


    【【サッカー】なでしこ、岩渕&菅澤弾でスコットランドを撃破!今大会初勝利で決勝T進出に大きく前進 おめでとう】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2019/06/11(火) 02:55:35.29

    【アルゼンチン 0-0 日本 FIFA女子ワールドカップ2019 D組第1節】

     FIFA女子ワールドカップ2019 D組第1節、アルゼンチン女子代表対日本女子代表(なでしこジャパン)が現地時間10日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わった。

     2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンはアルゼンチンを崩しきれず引き分けスタートとなった。

     序盤からボールを支配するなでしこジャパンだが組織だったアルゼンチン守備陣を前に決定的なチャンスを作れない。2列目からのミドルシュートを狙うもボールは枠を捉える事が出来ない。

     そんななでしこジャパンの最初のチャンスは50分、横山久美がミドルシュート、GKが弾いたボールを菅澤優衣香が詰めるもボールはバーを越えてしまう。続く56分には右サイドを崩し最後は長谷川唯がペナルティーボックスでシュートを打つもシュートはポスト左に外れる。

     その後も主導権を握るなでしこジャパンが試合を支配するもゴールは遠くこのまま試合は終了。初戦を引き分けたなでしこジャパンは14日にスコットランド女子代表と対戦する。

    【得点者】
    なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00325430-footballc-socc


    【【サッカー】なでしこジャパン、W杯初戦はドロー。アルゼンチン相手にチャンス作るも得点奪えず 女子W杯 格下相手に引き分け】の続きを読む



    1 豆次郎 ★ :2019/06/09(日) 22:03:20.00

    6/9(日) 20:54配信
    永井が「令和初弾」含む2発、久保が史上2番目の早さでA代表デビュー! 新戦力融合の森保ジャパンが完封勝利!

     キリンチャレンジカップ2019が9日に行われ、日本代表とエルサルバドル代表が対戦した。

     初めてエルサルバドルと対戦することになった日本代表は、GKシュミット・ダニエル、DF冨安健洋、昌子源、畠中槙之輔、MF橋本拳人、小林祐希、原口元気、伊東純也、南野拓実、堂安律、FW永井謙佑の11名が先発。注目を集めるMF久保建英がついにベンチ入りを果たした。

     日本代表は試合開始6分で大きなチャンスを作る。右サイドをウイングバックの伊東が突破すると、マイナス方向にクロスを供給する。中央に走りこんだ原口がダイレクトシュートを放ったが、これはゴールの上に大きく外れた。伊東はこの後も、度々右サイドで存在感を見せつけていた。

     19分、相手最終ライン裏に抜け出した永井がペナルティエリアに侵入すると、鋭い切り返しでDF2人を置き去りに。左足で放ったシュートはGKの逆を突き、ネットを揺らした。永井にとっては嬉しい代表初得点となった。永井は41分にもゴールを決める。左サイドを抜け出した原口がゴールライン際からクロスを上げると、左足のダイレクトシュートでネットを揺らした。前半は2-0で日本代表がエルサルバドルをリードして折り返した。

     後半に入ると、肩を負傷した永井に代わって大迫、畠中に代わって山中が入り、3バックから4バックにシステムを変更する。そして67分、ついに久保が南野との交代でピッチに登場する。18歳5日でのA代表出場は、史上2番目の年少デビュー。久保は2列目中央に位置取った。

     72分、いきなり久保が魅せる。右サイドで相手DF2人をかわすと、コンパクトな左足の振りでシュートを放つ。GKにストップされたものの、これが久保にとってA代表初シュートとなった。

     試合はこのまま2-0で終了。日本代表は17日(日本時間18日8時)、コパアメリカブラジル2019の初戦でチリ代表と対戦する。

    【スコア】
    日本代表 2-0 エルサルバドル代表

    【得点者】
    1-0 19分 永井謙佑(日本)
    2-0 41分 永井謙佑(日本)

    【スターティングメンバー】
    日本代表(3-4-2-1)
    シュミット・ダニエル;冨安健洋、昌子源、畠中槙之輔(59分 山中亮輔);伊東純也(59分 室屋成)、橋本拳人、小林祐希(80分 柴崎岳)、原口元気(67分 中島翔哉);堂安律、南野拓実(67分 久保建英);FW永井謙佑(59分 大迫勇也)

    エルサルバドル代表(4-1-4-1)
    ヘンリー・エルナンデス;ブライアン・タマカス、ロベルト・ドミンゲス、イバン・マンシア、ホナタン・ヒメネス;ナルシソ・オレジャナ(81分 ヘルソン・マジェン);ダルウィン・セレン、ハイメ・アラス(50分 カルロス・ポルティージョ)、マルビン・モンテロサ(46分 アンドレス・フロレス)、オスカル・セレン;ネルソン・ボニージャ(71分 ダビド・ルガマス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00946193-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/06/09(日) 20:54:06.78
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560083260/


    【【サッカー】≪日本 2-0 エルサルバドル≫ 令和初ゴールを含む永井謙佑の2ゴールで日本が勝利! 久保建英が代表デビュー 久保大丈夫かな】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2019/04/08(月) 20:33:19.64

    夜の政治
    「なんでイチローの話が進まないんだ! 時間がないぞ」

     4月4日午後、官邸では幹部がイライラを募らせていた。「令和」初の国民栄誉賞を、3月下旬に引退した元プロ野球選手のイチローに授与することを真剣に検討していたからだ。官邸が意識していたのは、この夏に予定されている参議院議員選挙だ。

    「参院選は改元後初の国政選挙だから、絶対に勝たなくてはいけない。そこで参院選前、東京五輪イベントなどを絡めて、イチローの国民栄誉賞はぜひともやりたいというのが、官邸の意向。とんでもない話題になりますからね。参院選のPRとしてはこれ以上ない。イチローさえOKだったら、いつでも、というスタンスでした」(官邸関係者)

     しかし、あっさりとイチローは辞退。翌5日、菅義偉官房長官が閣議後の記者会見で、授与検討の見送りを明らかにした。

    「正直、官邸は誤算だったようです。イチローは引退会見で神戸は特別な街と語っていたので、授与式は神戸でとも考えていた。みんなガッカリだよ」(同)

     改元に絡んだ話題づくりに余念がない安倍政権。そもそも新元号の「令和」も官邸主導で決められたという疑念がぬぐえない。

     候補は「令和」「英弘」「広至」「久化」「万和」「万保」の六つとされる。9人の有識者から意見を聴く「元号に関する懇談会」でも令和を推す声が多く、すんなりと新元号が決まったようだが、その文字について首をひねる専門家は多い。

     東京大学史料編纂所の本郷和人教授はこう語った。

    「『令和』以外の他の五つだったら、ケチのつけようがないくらいにいいと思いました。『英弘』は、『英』は英国を表すようになったのは幕末明治の時代からで、もとはエクセレント(優れている)という意味なんです。『広至』は広く行き届くの意味です。『令和』だけはダメなんです」

    どこがダメなのか。

    「『令』の字を見て、上司の顔が浮かびませんでしたか。『令』を漢和辞典で引くと、最初に出てくるのは“命令”。おきてや言いつけの意味。後に“よい”という意味が出てくる」

     さらに続ける。

    「皇太子殿下は、『令旨』という言葉をご存じだろうと思います。皇太子の命令という意味で、天皇の意を受けた命令文書は『綸旨』。だから、『令』は天皇にふさわしくないのです」

     こうした意見を聴くと、最初から結論ありきで1日の発表まで進んだという印象がぬぐえない。実際、閣僚の一人は、こう明*。

    「令和が本命なのは、わかっていた。全閣僚会議で示した資料で令和は左端、英弘が右端です。英弘は、ひでひろなど名前として使われているので“落選”は誰の目にも明らか。令和で官邸はいきたいのだろうと容易に想像できた。11時半には発表で、論議している時間もない。最後は安倍首相一任となることはわかっている。結局、暗黙の了解で、令和で流れていった」

    全文
    https://dot.asahi.com/wa/2019040700002.html


    【【政府】「なんでイチローの話が進まないんだ! 時間がないぞ」イチローの国民栄誉賞辞退は官邸の誤算 表現が難しいけど与える名誉みたいな考えなんだろうなあ】の続きを読む



    1 丁稚ですがφ ★ :2019/03/09(土) 23:31:26.12

    日本   1 0 0  1 0 0  0 0 0  2
    メキシコ 0 0 0  0 0 1  2 1 x  4

    バッテリー/本塁打
    日本   今永、山岡、高橋、松永、梅野-甲斐、小林
    メキシコ L・メンドーサ、C・エルナンデス、サマヨア、オイエルビデス、コータ、フィリップス、サンチェス-ソリス

    本塁打
    メキシコ
    日本  

    yahooスポーツナビ
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/3127
    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/ajg2019030907.html
    NPB
    http://npb.jp/scores/2019/0309/mex-jpn-01/

    前スレ
    【野球】侍ジャパンシリーズMEX4-2JPN [3/9] 日本逆転負け…吉田正先制打&甲斐適時打!今永・山岡好投も3番手以降捕まる
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552138752/
    ★1が立った時間:2019/03/09(土) 22:39:12.06


    【【野球】侍ジャパンシリーズMEX4-2JPN [3/9] 日本逆転負け…吉田正先制打&甲斐適時打!今永・山岡好投も3番手以降捕まる メキシコ】の続きを読む



    1 僕らなら ★ :2019/03/08(金) 20:59:36.66

     性に基づく差別や暴力のない社会を作りたいと声を上げるデモ行進「ウィメンズマーチ東京」が、8日夜「国際女性デー」に合わせて東京都内で行われた。

     2017年にトランプ米大統領就任直後、米・ワシントンであった、大統領の女性やイスラム教徒などへの差別発言に抗議するウィメンズマーチに呼応し、有志の女性で作る実行委員会が同年の「国際女性デー」に呼びかけたのが始まりで、今年で3回目。

     医学部入試問題や官僚による女性記者へのセクハラなど、社会にあふれる女性差別が次々に明らかになる中、約450人(主催者発表)の参加者は東京・青山の国連大学前を発着点に表参道や渋谷の繁華街約3.2キロを、思い思いのプラカードを手に、「女の賃金差別をやめろ」「女を土俵に上げろ」などと声を上げて歩いた。

     実行委員会の濱田すみれさん(34)は「女性が電車で痴漢に遭ったり、駅で体当たりされることは日常にある。女性は被害に遭うことが当たり前になって、嫌なことを嫌だと言う力をすごく奪われている。日本の現実を見ると女性差別的なことがとてもたくさんあるので声を上げたい」と企画した思いを語った。【後藤由耶】

    https://mainichi.jp/articles/20190308/k00/00m/040/226000c


    【【東京】「女を土俵に上げろー!」女性差別に抗議、声を上げて練り歩く・・・ウィメンズマーチ東京 裸であがれるの?】の続きを読む


    しょうがない・・・次ぎへ

    1 豆次郎 ★ :2019/02/02(土) 01:43:20.35

    2/2(土) 0:52配信
    日本、悲願のアジア王者奪還ならず…カタールが歴史的なアジアカップ初優勝

    日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れ、優勝を逃した。

    準決勝で強敵イランを3-0で破った日本代表と、ここまで16得点無失点という圧巻のパフォーマンスでファイナルに勝ち進んだカタールが、アジア王者の座を懸けて激突。森保一監督は、イラン戦から負傷の遠藤航に代えて塩谷司を起用する先発1点を変更した。

    2大会ぶり最多5度目の優勝を期する日本と、初優勝を狙うカタールの一戦。試合は開始序盤に日本が失点を喫する。12分、右サイドからクロスを入れられると、正面のアルモエズ・アリにトラップからバイシクルシュートを放たれる。これがゴール右に吸い込まれ、アジアカップ記録となる今大会9ゴール目を決めたアリのスーパーゴールで日本が先手を取られる。

    リードを許した日本は焦らずボールをつないで反撃に出ようとするが、統制のとれたカタールの守備を崩せない。すると27分、厳しい2失点目を喫する。バイタルエリアでアブデルアジズ・ハティムに時間を与えてしまうと、カットインから左足でシュートを放たれる。これがゴール左に突き刺さり、日本が2点のビハインドを背負った。

    そのままリズムを掴めず、0-2で前半を終えた日本は迎えた後半、立ち上がりから積極的に前へ出る。しかし、やや重心を下げたカタールの守備を前に決定機を創出できず、逆に縦に早いカウンターから脅威を与えられる。

    流れを変えたい森保監督は、62分に原口元気を下げて武藤嘉紀を投入する。すると、この交代から、カタールの疲れも見え始めて流れが一変。66分には左CKにニアサイドの武藤がヘディング。しかし、これは枠に飛ばない。それでも69分、塩谷の縦パスを正面で受けた南野拓実が素早いターンから、飛び出してきたGKをいなすチップキックでゴール。南野の今大会初得点で日本が1点差に詰め寄る。

    しかし、逆に82分には日本が3失点目。アブデルカリム・ハサンのヘディングシュートが吉田麻也の手に当たると、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での検証の結果、カタールのPKに。これをアクラム・アフィフに決められ、再び2点差とされる。

    その後、日本は塩谷に代えて伊東純也を投入し、リスクを冒して攻めるも、そのまま敗戦。過去最高記録がベスト8だったカタールが、今大会19得点1失点という圧巻の内容で初戴冠を果たした一方、日本は惜しくもアジア王者奪還に失敗した。

    ■試合結果
    日本代表 1-3 カタール代表

    ■得点者
    日本:南野拓実(69分)
    カタール:アルモエズ・アリ(12分)、アブデルアジズ・ハティム(27分)、アクラム・アフィフ(83分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00010002-goal-socc

    ★1がたった時間:2019/02/02(土) 00:52:03.96
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549038503/


    【【サッカー】日本代表、アジア王者奪還ならず!! カタールが同国史上初のアジアカップ優勝 まあ】の続きを読む


    世界一位さん

    1 豆次郎 ★ :2019/01/26(土) 21:30:46.85

    ㊗大坂なおみ選手 優勝おめでとう🎊🏆

    1/26(土) 20:13配信
    【速報】大坂なおみ 全豪OP初優勝。GS連続制覇で日本人初の世界ランク1位も確定[全豪オープン]

    「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4で勝利し、「全豪オープン」初優勝を飾った。また1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことも決まった。優勝賞金は410万豪ドル(約3億2,000万円)。

    セットカウント1-1で迎えた第3セットはクビトバのサービスゲームから始まった。第2セットを落とした大坂は、トイレットブレークを取って気持ちを切り替えコートに入った。

    第1ゲームをラブゲームでキープされた大坂は、第2ゲームをキープする。そして続く第3ゲームでクビトバのダブルフォルトによってブレークポイントを握ると、見事なウィナーを決めて1ブレークアップとした。

    ブレーク直後の第4ゲームをしっかりとキープした大坂。第6ゲームでクビトバに30-40とされたが、サーブでこのピンチをしのいでキープし、ゲームカウント4-2とした。

    続く第7ゲームで大坂に0-40と再びブレークのチャンスが訪れた。しかしクビトバにしのがれ、ブレークすることはできない。

    そして両者キープで迎えた第10ゲームが、大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ。ここを取りきった大坂が見事に優勝を決めた。

    第2セットはチャンピオンシップポイントまでいきながら落とした大坂だが、メンタル面でも見事に立て直して優勝を掴んだ。

    見事勝利し、2018年の「全米オープン」に続いてグランドスラム2大会連続優勝を果たした大坂。1月28日発表の世界ランキングはこれで1位が確定した。日本人選手として初のグランドスラム制覇を果たした昨年からの快進撃は、まだまだ止まらない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000007-tennisd-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/01/26(土) 20:13:20.61
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548504554/


    【【テニス】大坂なおみ、全豪オープン優勝! 全米に続きグランドスラム2連覇の快挙 アジア人初の世界ランキング1位に すげー】の続きを読む


    おめでとうございます。

    1 豆次郎 ★ :2019/01/25(金) 00:33:23.75

    森保ジャパン、堂安のPK弾でベトナム下して4強入り! VARに一喜一憂

    1/24(木) 23:52配信
    日本代表は24日、アジアカップ2019準々決勝でベトナム代表と対戦した。

    森保一監督は、1-0で勝利したラウンド16のサウジアラビア代表戦から中2日で迎えた今回の一戦、武藤嘉紀に代えてワントップに北川航也を起用する1点を変更。GK権田修一以下、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都を並べる。中盤の底に遠藤航と柴崎岳を配し、2列目には右から堂安律、南野拓実、原口元気を起用した。

    試合序盤から徐々にボール保持率を高めた日本は24分にゴールへ迫る。柴崎が蹴った左CKに正面の吉田が頭で合わせる。このヘディングシュートがネットを揺らしたが、準々決勝から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェック要請が入って主審が改めてビデオリプレイで確認。その結果、吉田がヘディングした後にハンドがあったため、ゴールは取り消しとなった。

    ハーフタイムにかけて一進一退の攻防となる中、日本は29分にもゴールに迫る。ショートコーナーから右サイドの柴崎が入れたクロスに正面の冨安が頭で合わせる。鋭いヘディングシュートがゴール左を捉えたが、これはベトナムGKダン・バン・ラムのファインセーブに阻まれた。

    逆に、38分にはミスから相手に決定機を許す。自陣深くでGK権田とパス交換した吉田がボックス内でボールロスト。最後はグエン・クアン・ハイにシュートに持ち込まれたが、ここは素早く間合いを詰めたGK権田が好守で失点を許さなかった。45分にはゴールエリア右付近で堂安のパスを受けた南野が決定的なシュートを放つが、再びGKのファインセーブに阻まれた。

    迎えた後半、今度は日本がVAR判定に助けられる。55分、ボックス右で仕掛けた堂安がブイ・ティエン・ズンに倒されるも、笛は鳴らずに続行。しかし、再び判定団から助言を受けた主審がVARで確認する。その結果、判定はPK。このPKを堂安がゴール右に決め、日本が正真正銘の先制弾とする。

    積極的に追加点を狙う日本。森保監督は72分、北川を下げて負傷明けの大迫勇也を投入する。77分には、堂安のパスでボックス内に入った南野が枠内シュートを放つが、またもGKのセーブに遭う。森保監督は78分、この試合の直前にアラベスへの今季終了時までの期限付き移籍に関してクラブ間合意したことが発表された乾を原口に代えて投入する。

    その後、日本はリスクを冒して前に出てきたベトナムの圧力に苦しむも、身体を張った守備で応戦してシャットアウト。1-0で勝利して前回大会を上回る4強入りを決めた日本は、28日に行われる準決勝で、この試合の直後に行われる中国vsイランの勝者と決勝進出を懸けて戦う。

    ■試合結果
    ベトナム代表 0-1 日本代表

    ■得点者
    ベトナム:なし
    日本:堂安律(57分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00010024-goal-socc

    ★1がたった時間:2019/01/24(木) 23:52:52.05
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548343022/


    【【サッカー】≪日本 1-0 ベトナム≫VARでPK獲得→堂安がゴールを決め、日本ベスト4へ!勝利】の続きを読む

    このページのトップヘ