ツンデレ速報

面白ニュース、ネタニュース、芸能ニュース等のまとめサイトです。

    スポーツ




    1 ラッコ ★ :2018/07/15(日) 01:09:37.76

    7/15(日) 0:51配信
    ベルギーがW杯最高成績の初3位! アザールら2発でイングランドとの再戦制す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。

     ともにグループGから勝ち上がってきたベルギーとイングランドが3位の座をかけて再び激突。グループステージではお互いに突破を決めて迎えた第3戦で対戦し、ベルギーが1-0で勝利していた。

     W杯最高成績となる初の3位を目指すベルギーは今大会4得点のロメル・ルカク、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネらに加え、ユーリ・ティーレマンスが先発出場した。一方、1966年の母国優勝に次ぐ成績を狙うイングランドは、6得点のハリー・ケインをスタメンに残しつつ、メンバーを5名変更。フィル・ジョーンズ、ルベン・ロフタス・チーク、エリック・ダイアーらが名を連ねた。

     試合が動いたのは立ち上がりの4分。ルカクのスルーパスで左サイドを抜け出したナセル・シャドリのクロスを、中央に走り込んだトーマス・ムニエがひざで押し込み、ベルギーが先制に成功した。幸先良いスタートを切ったベルギーだが、36分にシャドリが左太ももを痛めて負傷交代。39分、代わりに投入されたトーマス・ヴェルマーレンが3バック左に入り、ヤン・ヴェルトンゲンが左ウイングバックに移った。

     1点ビハインドのイングランドは、ダニー・ローズとラヒーム・スターリングを下げ、ジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入し、後半を迎えた。70分にはダイアーがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に抜け出し、ループシュートでGKをかわしたが、ゴール目前でDFにクリアされ、得点にはつながらず。

     すると82分、ベルギーはアザールがデ・ブライネのスルーパスでエリア内左に突破し、冷静にシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を決めた。試合はこのままベルギーが2-0で勝利。初の3位でW杯最高成績を更新した。

    【スコア】
    ベルギー代表 2-0 イングランド代表

    【得点者】
    1-0 4分 トーマス・ムニエ(ベルギー)
    2-0 82分 エデン・アザール(ベルギー)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00793981-soccerk-socc

    前スレ ★1:2018/07/15(日) 00:52:30.33
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531583550/

    ※参考:2018ロシアW杯決勝T1回戦(ベスト16) ベルギー 3-2 日本


    【【サッカーW杯/3決】ベルギーがイングランドを2-0で下しW杯最高成績の初3位に輝く ベルギー強かったねー】の続きを読む




    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/08(日) 21:03:05.41

    「GKやる子供消えます」 川島永嗣へのW杯異常バッシング、専門家警鐘
    7/8(日) 16:37配信 J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/07/08333308.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000007-jct-ent

    ロシアW杯に全4戦フル出場のGK川島永嗣(2018年6月撮影)

    (出典 www.j-cast.com)


    (長いので抜粋です、ソース元をご確認ください)

    サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出し、列島を熱狂させた日本代表メンバーの中で、GK川島永嗣は批判にさらされ続けた。
    「ミス多すぎ」「川島出すな」。インターネット上ではそんな声が絶えずあがった。

    こうした論調に警鐘を鳴らすのが、ツイッターやブログでGK情報の発信を続ける元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣氏だ。
    W杯での川島のプレーと、ネットの論調について何を思うのか。J-CASTニュースは山野氏に話を聞いた。

    ■完全なミスは「セネガル戦の1失点目だけ」

    川島はロシアW杯全4試合にフル出場し、失点は7。とりわけ批判された失点シーンが3つあった。
    グループリーグ(GL)第1戦・コロンビア戦の1点、第2戦・セネガル戦の1点目、決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦の1点目だ。

    だが山野氏は、「川島の完全なミスと言っていいのは、セネガル戦の1点目だけだと考えています」と指摘する。

    セネガルのDFユスフ・サバリが、日本側から見てペナルティエリア内右から打ったシュートを、川島がパンチング。
    だが中途半端になり、正面に詰めていたFWサディオ・マネの足に当たってゴールネットを揺らした。

    山野氏は「明らかに川島のミスです。批判されて仕方のないプレーです」とした上で、「ただ、何がミスだったのかを冷静に考える必要があります」と話す。

    「『キャッチしたら良かった』という論調もありますが、確実にキャッチできる状況だったかといえば、私はそうは思いません。まずボールをゴールから遠ざけるために、キャッチングでなくパンチングを選んだ判断は理解できるのです。しかしボールの中心に当てられず、目の前に落としてしまった。実際のパンチングは擁護できません」

    ◆コロンビア戦のFKの失点「状況を考慮すべき」

    「難しいシュートでした。壁の下を通すFKは、世界トップクラスのGKでも1歩も動けない場合が少なくありません。諦めずに最後まで食らいついたから、逆に批判されるというのは、非常に酷です」

    ◆ベルギー戦のヘディング、ニアポスト付近に立った川島

    「世界最高峰のフィジカルを備えるルカクと競り合ったことを考えると、あのパンチングはペナルティエリア外に出すのは不可能な状況で、それでも先に触ってサイドに弾いています。触れもしないとか、目の前に弾いたのであれば『ミス』と言えますが、そうではありませんでした。失点はしましたが、防ぐのは困難なゴールであり、川島のポジショニングや対応がそこまで批判されるものとは思えません」

    ネット上の川島への批判は「感情的に叩き過ぎではないか思いました」とし、「どのプレーがどういうミスなのか、根拠を示し、建設的な議論をすべきです」と主張する。

    ◆W杯で見えた「最大の問題点」

    山野氏は「強豪国のGKを美化しすぎではないか」との懸念も示した。

    W杯で見えた「最大の問題点」は、「川島批判が高じて、良いプレーまで叩く風潮ができたこと」だという。

    象徴はポーランド戦の前半32分、日本の左サイドからDFバルトシュ・ベレシンスキが上げたクロスに対し、FWカミル・グロシツキがペナルティエリア内の中央で放ったヘディングシュートを、川島がラインギリギリでセーブした場面だ。
    山野氏は言う。「称賛されるべきなのに、価値を落とすような言動がされました。一度『川島はダメだ』という空気ができると、全てのプレーが否定されるようになっていったと感じます」

    ★1がたった時間:2018/07/08(日) 17:14:34.12
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531046750/


    【【サッカー】「GKやる子供消えます」 川島永嗣へのW杯異常バッシング、元U-20ホンジュラス代表GKコーチ・山野陽嗣氏が警鐘 子供はそうなんじゃない?】の続きを読む




    1 シャチ ★ :2018/07/03(火) 22:39:49.17

    辛口サッカー評論家のセルジオ越後氏(72)が3日、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」(月~金曜後3・30)にゲスト出演。
    サッカーW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに惜しくも2―3で敗れた日本代表に対する国内の感動ムードに物申した。

     セルジオ氏はベルギー戦を振り返り、「試合の読みが思った通りにならなかったから西野監督が困った」と2点を先制したことが逆に
    采配を難しくしたと持論を展開。「試合後のインタビューで(西野監督)『何が足りないんでしょう』って言っていたけど、
    彼は答える立場。頭が真っ白になっていたと思う」と語った。

     「どっちがチャンス多かったということを考えたら、惜敗というよりは内容的にはもっと大きな差があった」と試合を分析し、
    「冷静になって全部振り返ってみてください。10人の相手に1勝しただけで、あとは2敗1分のチームがどうして強いと言えるんですか」と大会全体を総括した。

     また、国内が代表チームの健闘を称えるムードにあることにも「こんなに勝てない国にどうして辛口が僕一人なの。
    これでよくやったと言ったら勝たなくてもいいってことになる」と苦言。「外国なら負けたら慰めはない。負けても慰めるのは強くない証拠。
    負けは負け。負けたときに厳しくやらないと」と辛口評論を続ける意図を説明した。

    ソース スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/03/kiji/20180703s00002009296000c.html

    前スレ ★1 2018/07/03(火) 17:06:23.60
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530619910/


    【【W杯】セルジオ越後「負けは負け」 国内の感動ムードに苦言「10人の相手に1勝しただけ」老害】の続きを読む




    1 Egg ★ :2018/07/03(火) 21:40:15.40

    ●過去の16強進出時に見られなかった日本の“意思”、だからこそ出会えた課題

    サッカー日本代表は2日(日本時間3日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦で
    国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の強敵ベルギーに2-3で惜敗した。

    前半を無失点でしのぐと、後半開始直後にMF原口元気(デュッセルドルフ)、MF乾貴士(エイバル)のゴールで2点のリードを奪ったが、
    同20分過ぎから立て続けに失点。最後は試合終了間際のカウンターで決勝点を奪われ、力尽きた。

    今大会屈指の強豪相手を脅かした日本。一時は初の8強進出に手をかけながら逆転負けを喫した展開を専門家はどう見たのか。
    「THE ANSWER」では、W杯4大会出場の経験を持つ元日本代表GK川口能活(SC相模原)に話を聞いた。

     ◇ ◇ ◇

    ベルギーに勝利し、歴史が変わる瞬間を目に焼き付けたい。その思いで朝3時に目覚まし時計を鳴らし、日本代表の試合をチェックさせてもらいました。

    負けてしまったものの、すごく良い試合をしてくれたというのが一番の感想です。立ち上がりから日本の動きが良く、これはポーランド戦で先発を6人入れ替えた効果も少なからずあったのだと思います。
    前半15分過ぎからは相手のパスワークに圧倒される時間が続きましたが、自陣ゴール前の最終局面で吉田麻也選手と昌子源選手を中心に体を張り、よく我慢しました。
    ベルギーのような格上と戦って勝利をつかむための最低条件ともいえる“前半スコアレス”を実現したことで勝機を高めてくれました。

    後半に入ってカウンターから先制する展開も理想的でした。柴崎岳選手のスルーパスは、もしかしたら狙いとは少しズレていたかもしれません。
    でも対応したベルギーDFは利き足が左だったので、自分から見て右側へのボールの処理に苦労したように見えました。
    ゴールを決めた原口元気選手は常に献身的なランニングで攻守両面を支えていましたから、そのご褒美とも言えるゴールでした。

    追加点となった乾貴士選手のミドルシュートはまさしくスーパーゴールで、これには早朝ながら僕も絶叫してしまいました。
    「ベスト8が見えてきた」と感じた人も多かったのではないでしょうか。僕自身も、未踏の地に日本が足を踏み入れる日がやってきたのかなと思いましたから。

    >>2以降につづく

    THE ANSWER 7/3(火) 18:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00028504-theanswer-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    2018/07/03(火) 19:50:23.82
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530615023/


    【【サッカー】<川口能活の目>今大会で痛感したGK育成の必要性!「GKの力で勝てる試合もある」正論】の続きを読む




    1 豆次郎 ★ :2018/07/01(日) 01:24:12.27

    7/1(日) 0:53配信
    19歳ムバッペが圧巻2発! フランス、アルゼンチンとの打ち合い制しベスト8進出

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、フランス代表とアルゼンチン代表が対戦した。


     グループC首位で2大会連続ベスト16のフランスと、苦しみながらも逆転突破を果たしたグループD2位のアルゼンチンが激突。フランスはキリアン・ムバッペ、オリヴィエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンの3トップで、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテらも先発出場となった。

     対するアルゼンチンはエースのリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、クリスティアン・パボンが3トップを形成し、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロ、パウロ・ディバラら豪華メンバーがベンチスタート。GKはグループ3戦目で代表デビューのフランコ・アルマーニが務める。

     開始13分、フランスが先に試合を動*。自陣でルーズボールを拾ったムバッペが、スピードに乗ったドリブルで一気にエリア内へ突破すると、マルコス・ロホに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが冷静にゴール左に決めて先制点を挙げた。失点したアルゼンチンはなかなか反撃が実らなかったが、41分にエリア手前中央でパスを受けたディ・マリアが相手の隙きを突いて左足を一閃。豪快なシュートを右サイドネットに突き刺し、同点に追いついた。

     さらにアルゼンチンは後半の立ち上がり48分、メッシがエリア内右からシュートを放つと、ゴール前に残っていたガブリエル・メルカドが左足でコースを変えてゴールネットを揺らし、逆転に成功した。しかしリードは長く続かず、フランスも57分に反撃を実らせる。左サイドを駆け上がったリュカ・エルナンデスのクロスから、ファーで待ち構えていたベンジャマン・パヴァールがダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートをゴール左上隅に沈めた。

     試合が再び動いたのは64分、エリア内でこぼれ球を拾ったムバッペがゴール左に切り込み左足シュートを決めて、フランスが再びリード。さらに68分には、素早い攻撃からジルーのラストパスを受けたムバッペがエリア内右からシュートを沈めて追加点。GKウーゴ・ロリスからわずか13タッチでゴールを奪い、大きな2点リードを得た。

     後半アディショナルタイム3分、メッシのクロスから途中出場のセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを決め、アルゼンチンが1点差とするが、試合はこのままタイムアップ。フランスが4-3で勝利し、2大会連続のベスト8入り。敗れたアルゼンチンは4大会連続の準々決勝進出を逃した。勝ち進んだフランスは、7月6日にウルグアイ代表とポルトガル代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    フランス代表 4-3 アルゼンチン代表

    【得点者】
    1-0 13分 アントワーヌ・グリーズマン(PK)(フランス)
    1-1 41分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)
    1-2 48分 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン)
    2-2 57分 ベンジャマン・パヴァール(フランス)
    3-2 64分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-2 68分 キリアン・ムバッペ(フランス)
    4-3 90+3分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00786983-soccerk-socc

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530374897/


    【【サッカー】フランスが4-3でアルゼンチンを破る! ワールドカップ決勝トーナメント アルゼンチン負けたかー】の続きを読む




    1 親日@シコリアン ★ :2018/06/29(金) 21:40:37.15

    6/29(金) 1:47配信
    西野ジャパンの時間稼ぎは是か否か…ネット上では賛否両論

    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 ポーランド1-0日本(28日・ボルゴグラード)

     決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパンが取った時間稼ぎの戦術に、スタジアムでは大ブーイングが巻き起こった。


     日本国内ではツイッターなどネット上で賛否両論の意見が交錯。セネガルがコロンビア戦で同点ゴールを挙げればグループリーグ敗退となっていた消極的な戦いに「負けているのに時間稼ぎしてフェアプレーポイントで突破狙うって、フェアプレーに欠けている」との意見も出るなど、批判も続出した。

     一方で決勝トーナメント進出を決めたことで、西野監督の割り切った度胸をたたえる声も多数あった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000047-sph-socc

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530273371/


    【【サッカー】西野ジャパンの時間稼ぎは是か否か…ネット上では賛否両論 結局は結果だからね・・・】の続きを読む




    1 れいおφ ★ :2018/06/28(木) 20:11:24.38

    アジアの五輪といわれるアジア競技大会に、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の日本代表選手が初めて出場することになった。

    国内予選を勝ち抜いた11人の選手のうち3人が東アジア地域予選を突破。
    これを受けて日本オリンピック委員会(JOC)はエントリー手続きをするが、「JOCが派遣する正式な日本代表ではない」という位置づけだ。
    日本代表であって日本代表でない――とはどういうことなのか。

    焦点となっているのは8~9月にインドネシアのジャカルタで開かれるアジア競技大会だ。
    同大会はアジア・オリンピック評議会(OCA)が4年ごとに開催する国際総合競技大会で、JOCが日本代表選手を派遣する。
    ジャカルタでは初めてeスポーツが公開競技に採用されることになり、日本を含む27の国・地域の選手が6つのエリアに分かれて予選を戦った。

    本戦の出場権を得た日本人選手はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」で2人、カードゲーム「ハースストーン」で1人。

    韓国、中国、台湾などの強豪がひしめく東アジア地域予選を勝ち抜いただけあって、
    競技団体の日本eスポーツ連合(JeSU、東京・中央)は「上位入賞できるかもしれない」と期待する。

    だが代表選手を派遣するはずのJOCは、我関せずというスタンスだ。
    「(エントリーの書類に)JOCの判がなければ出場できないので、代わりに押してあげるだけ。
    eスポーツの選手を派遣するのはJeSUであって、JOCではない」。
    日本代表としての統一ユニホームや現地での滞在費支給は無し。JOCの公式記録にも残らない。

    大会が始まっても、JOCが派遣する正式な日本代表でないeスポーツの選手たちは開会式や閉会式に出席できない。
    現地ではホテルなどの宿泊場所が不足する可能性が高いが、「選手村に入れるかどうかはインドネシアの組織委が判断すること」とJOCは突き放す。

    背景には、eスポーツに対する態度を決めかねているJOCの事情がある。
    もともとJOCの内部には「テレビゲームがスポーツなのか」という慎重な意見が根強い。
    「eスポーツが公開競技になると現地から連絡を受けたのはつい先日で、きちんと議論している時間がなかった」とJOCは説明するが、
    内々には以前から分かっていたことで、結論を先送りしてきたのは間違いない。

    JOCには国内の様々な競技団体が加盟している。
    正加盟には水泳、体操、柔道、野球、サッカーからボディービル、ダンス、ボウリングまで55団体(4月25日時点、以下同)、
    準加盟にはカバディ、チアリーディング、ブリッジなど6団体、
    承認にはオリエンテーリング、ペタンクなど5団体が名を連ねるが、そのいずれにもeスポーツの名前はない。

    (※以下ソース)
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32224460V20C18A6000000?channel=DF090520172480

    前スレ ★1=2018/06/28(木) 17:20:36.52
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530179362/


    【【アジア競技大会】「テレビゲームがスポーツなのか」…eスポーツ日本代表“JOC除外”、開会式出れず、滞在費支給無し、公式記録残らず え?】の続きを読む




    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2018/06/20(水) 19:55:59.65

     コンピューターゲームが新興国にも普及し、世界市場が拡大している。「お家芸」としてきた日本のゲーム業界にとってはチャンスのはずだが、そう単純ではないようだ。流行が大きく変化している市場を、攻略できるのか。

    e(エレクトロニック)スポーツ
    対戦型コンピューターゲームをスポーツ競技のように捉える。米国や韓国では高額な賞金が出る大会が開かれ、スター選手も生まれている。実際にスポーツの一種として認める動きもあり、シューティングゲームのほか、格闘などのアクション、サッカーなどのスポーツゲームが多く使われる。日本では法律で高額賞金が認められていないことから、普及していない。
     14日まで米ロサンゼルスで開かれていた、世界最大級のゲーム見本市「E3」。会場の一角に、とりわけ長い列ができていた。

     「90分待ちです!」

     列の先の大画面には、手元の銃が大きく映し出されている。

     「よし。うまいぞ」

     発射した弾が敵をとらえると、自分の順番を待つファンから歓声が上がった。

     戦争を題材にした人気のシューティング(射撃)ゲーム「コール・オブ・デューティ」。このシリーズは、eスポーツでもよく使われる。高性能のパソコンを使って画像処理された最新作の映像は、本物に近い迫力がある。まるでハリウッド映画のようだ。

    史上最高の賞金30億円も
     eスポーツは米国で、年々人気が高まっている。観戦するだけでなく、大会で勝ち高額の賞金を得るスター選手に憧れ、ゲームを始めるファンも少なくない。

     E3を主催する米ゲーム業界団体ESAの調査によると、米国で日常的にゲームを楽しむ人の平均年齢は34歳。20代がピークの日本より高いのが特徴だ。

     インターネットを通じて離れた…



    ※この記事は有料会員限定記事です。 全文は会員登録をした上で自己責任でご覧ください

    朝日新聞DEGITAL 2018年6月20日17時45分
    https://www.asahi.com/articles/ASL6G4F1KL6GPLFA007.html?iref=sptop_8_06


    【【eスポーツ】ゲーム世界市場、知らぬ間に激変 日本劣勢、攻略の鍵は 日本では難しい】の続きを読む




    1 豆次郎 ★ :2018/06/20(水) 01:49:15.09

    【結果】
    日本代表 2-1 コロンビア

    【得点者】
    香川真司 (前半6分) PK
    フアン キンテーロ (前半39分)
    大迫勇也 (後半28分)

    6/19(火) 22:52配信
    日本代表、大迫が決勝ヘッド!強豪コロンビアに2-1で勝利/W杯

     ロシアワールドカップ1次リーグH組(19日、コロンビア1-2日本、サランスク)6大会連続6度目出場の日本は、W杯初戦でコロンビアと対戦し、MF大迫勇也(28)=ドルトムント=の決勝ゴールでコロンビアに2-1で勝利した。4年前にブラジルW杯で大敗したリベンジをW杯初戦で果たすことに成功。決勝トーナメント進出へ向け貴重な勝ち点「3」を手にした。

     日本は前半6分にいきなり先制点。スルーパスに抜け出した大迫がGKと1対1に。GKにシュートは弾かれたが、こぼれ球を香川がシュート。ペナルティーエリア内で、コロンビアのC・サンチェスが突き出した右手にあたりPK獲得。C・サンチェスは一発退場となった。PKキッカーの香川が冷静にゴール中央に蹴り込み先制した。

     追加点を奪うべく日本は前半15分、香川が中央でドリブル突破。ペナルティーエリア手前から左斜め前にパス。走り込んできた乾が受けてダイレクトシュート。しかし、ボールはゴール右に惜しくも外れた。数的不利となったコロンビアはファルカオを中心に日本ゴールを脅かし始めた。

     10人のコロンビアが徐々に攻勢を強める。前半25分にモヒカのクロスにファルカオが飛び込んだが、長友が懸命のブロックでチャンスを潰した。同30分に前線のJu・クアドラードに代わって中盤のバリオスがピッチに入った。

     前半39分、長友がクリアしたボールが高く舞いがると、ファルカオが長谷部と接触して倒れFKを与えてしまう。ペナルティエリア手前右から、キンテロが低い弾道で直接シュートを狙った。GK川島がゴールからかき出す前にラインを越えてしまいゴールの判定に。同点に追いつかれてしまった。

     後半の入りは日本ペース。中盤からパスをしっかりつないで相手陣内に攻め上がるがシュートまで結びつかない。同9分に大迫、12分には乾が立て続けにシュートを放ったがGKの好セーブに阻まれる。すると、コロンビアは同12分に得点を挙げたキンテロに代わってエースのロドリゲスがピッチに入った。

     後半20分からは日本がボールを保持し続ける。乾、原口がサイドから幾度となくチャンスを作ったがゴールが遠い。同25分に先制PKを決めた香川に代わって本田が入った。すると同28分、本田のCKに大迫が頭で合わせる。シュートは右ポストに当たりゴールに吸い込まれる勝ち越しゴールとなった。

     1点を追うコロンビアが猛攻。後半33分に右サイド奥でレルマがヒールでロドリゲスにパス。フリーのロドリゲスが左足でシュートも、大迫が体を張って守備。同35分に柴崎に代わり山口が、40分に2点目を決めた大迫に代わって岡崎がピッチに入った。試合終了間際には、コロンビアの猛攻を受けたが全員で守り切り、強豪コロンビアに2-1で競り勝った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000551-sanspo-socc

    ★1がたった時間:2018/06/19(火) 22:52:43.58
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529424888/


    【【サッカー】≪日本 2-1 コロンビア≫ 日本代表がコロンビアに勝利!! ワールドカップ ロシア大会 勝利】の続きを読む

    このページのトップヘ